おすすめ

苦い青汁をさっぱりのレモンを混ぜて飲んでみた

レモンの青汁について

レモンの青汁があります。このレモンの青汁は、レモンの爽やかな果汁によって、苦味をかなり抑えることができ、且つレモンの効果も出すことが出来るので、かなり良い青汁でしょう。
青汁にレモンを使用することで、青汁が元ある苦味や癖などを消すことができます。そもそも青汁は、ケールによって苦味を出しているのですが、そのケールの作用を全く損なわない状態を作ることが出来るもので、混ぜても問題なく青汁の作用を使うことが出来るでしょう。それが、レモンを混ぜると良い点の一つ目ですね。

二つ目に、レモンには、ビタミンCが多く含まれています。このビタミンCがあることで、強力な抗酸化作用を使うことが出来るので、ストレスや紫外線からの活性酸素の働きを抑えることが出来るでしょう。他にもいろいろな病気の予防にもすることができますね。

また、活性酸素が抑えられていることで、老化現象をおさえることが出来るので、肌にも良い状態にすることが出来るでしょう。故に、このレモン青汁を飲み続けると体にとても良いのです。ちなみに、血液をかなりサラサラにすることが出来るでしょう。何せ青汁自体でも結構血液をサラサラにする効果を持っているのに、ビタミンCを多く摂取することで、更に効果を上げることが出来るでしょう。

このようにレモンの青汁がありますので、飲んでみると良いですね。青汁の味も結構良くなっているのでとても良いですが、レモンが嫌いな人は若干オススメ出来ない部分がありますので注意してください。

レモン青汁の特徴

レモン青汁は、グリーンハウスが販売を手掛ける青汁です。
ケールの青汁にレモンを加えることで、飲みやすく仕上げました。

通常、青汁を作る際には、原料を加熱し、乾燥させた後で、粉末にします。
しかし、グリーンハウスでは、食物繊維の細胞壁に含まれる栄養素も活用したいとのことで、原料を破砕してから、絞るという手法を採用しました。
これにより、栄養素の体内吸収率を高めることができましたが、食物繊維そのものは含まれていません。
食物繊維の便秘解消効果よりも、栄養素にこだわる方にお勧めの青汁となっています。

また、ケールにはビタミンや酵素が豊富に含まれていますが、これらの栄養素の中には、加熱すると壊れてしまうものがあります。
グリーンハウスでは、独自のスプレードライ製法にて製造することで、栄養素を破壊することなく、体内に吸収させることができます。

レモンの青汁では、大分県産の無農薬栽培のケールを使用しています。
安全性が高いため、子供や高齢者でも安心して飲めるでしょう。
ケールには、ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、葉酸、カロテンなど、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。

レモン青汁では、ケールが75%、レモン果汁を25%の割合で配合しています。
1日に2袋のレモン果汁を飲めば、1日に必要なビタミンCを摂れます。
レモン果汁が配合されたことで、ケール独特の青臭さが緩和されていますので、青汁の風味が苦手な方、野菜嫌いの子供でも美味しく飲むことができます。

レモンの青汁の特徴は?

グリーンハウスによって作られている「レモンの青汁」は口コミサイトを見ると評判は良いみたいですが、実際にはどうなんでしょうか?

レモンの青汁の特徴はなんといってもレモンが配合されているために、レモンの風味と味がすることが特徴です。
主原料はケールなんですが、レモン果汁が25%ブレンドされているために、ケールの飲みにくさを打ち消しているところが大きな特徴のひとつです。
ケールの青汁はくせがあったり、苦くて飲めないという方でも飲みやすい仕上がりになっています。
なので、こちらのレモンの青汁であれば青汁が苦手な初心者の方や小さなお子さんでも飲むことができるでしょう。

また、「スプレードライ製法」というオリジナルの製法を採用していることも特徴です。
この製法によって、酵素を生きた状態にして青汁に配送することを可能としています。
なので、この製法によって青汁に含まれている多くの栄養素を体内に吸収しやすくしています。
青汁には栄養素が多く含まれていますが、体内に吸収されなければ意味がありません。
そうした心配なく飲むことができるというのも特徴の1つです。

飲みやすさと栄養素の吸収面にこだわったレモンの青汁ですが、コストパフォーマンスについても高いようです。
送料が無料で1袋約100円程度なので、他の青汁と比較すると安い部類に入ります。
また、専用シェーカーがおまけで付きますから、青汁を買ったことがない人でも安心して購入できるでしょう。

レモン配合の青汁

レモン配合の青汁も販売されていて、サッパリした味わいで人気となっています。
たとえ高い健康効果がある青汁であっても、まずいものは続けることができません。
レモン配合の青汁は、青汁の青臭さを緩和し、さわやかなレモンの風味により、飲みやすく仕上がっています。

青汁の主原料のケールは、「野菜の王様」と言われるほど高い栄養価を誇っています。
しかし、ケールはかなりクセが強く、食べられないという方も多いです。

青汁は、栄養素がたっぷり含まれているため、健康維持のために飲み続けたいものですが、やはりまずくて飲めないのでは続けることは困難です。

レモンは、ビタミンCが豊富に含まれているため。高い優れた抗酸化作用を持っています。これにより、老化を食い止め、コラーゲンの生成を促していきます。
体内のビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンも足りなくなりますので、美肌のためにもビタミンCは欠かせません。
ビタミンCをたっぷり摂取することで、肌の状態が良くなり、美白効果も高められるでしょう。
また、ビタミンCは、メラニンを阻害し、色素の沈着も抑制するため、しみやそばかすの予防にも有効です。

レモンには、クエン酸も配合されています。
クエン酸は、疲労物質である乳酸を分解し、代謝を活発にします。また、カルシウムの吸収もサポートします。
また、レモンにはポリフェノールが含まれているため、血液サラサラ効果も得られますので、動脈硬化を予防できるでしょう。

レモンと青汁の関係性にはどういったものがあるんですか?

レモンと青汁の直接的な関係性はまずないと思っていて構いません。

ではどうしてレモンと青汁となるのかというと青汁とレモンを混ぜ合わせた青汁がある事になります。子供でも飲みやすいと評判であり愛飲者も多いレモン青汁ですが、どういう特徴があるのかというと大きく3つの特徴があります。

まず一つはやはり青汁の原材料の栄養価が取れるという点が上げられます。そもそもメインが青汁ですのでこれは当然の特徴となるでしょう。

次の特徴ですがレモンの栄養価も取れるということになります。一見レモンだけでしたら味を緩和する一つの手段と思われがちですが、実際に知っているようにレモンには大量のビタミンCをはじめとした栄養素がふくまれております。この青汁の栄養素プラスさらにレモンの栄養素が取れるということを覚えておくといいでしょう。

そして最後の特徴がやはり味となります。青汁というとどうしてもクセが有るのも特徴の一つとなりますがそれによって飲めないと言う方や続けられないと言う方も多くいらっしゃいます。また子供に飲ませたいという親御さんもいらっしゃいますがそのままの青汁で飲む子供はあんまりいらっしゃらないでしょう。

ただレモンが入っている事でかなり味を緩和する事が可能となります。レモンというのは味も非常に強い物となりますので青汁と混ぜても存在感は非常に高い物となりますのでレモンが入っているだけで非常に多くの人が飲みやすくなるということを覚えておくといいでしょう。