おすすめ

あのサントリーがついに青汁を出した!

サントリーの青汁ってどうなの?

サントリーの青汁は「極の青汁」ですがこれってどうなんでしょうか?
多くの口コミサイトを見てみると、味がおいしいので飲みやすく続けやすいと評判は上々です。

サントリー極の青汁は、主な原料に大麦若葉が使われています。生産地は熊本県の阿蘇地方だそうです。
また、明日葉も使われていて、こちらは屋久島などで栽培されているものが使われているそうです。
原料がすべて国産のものなので、安全面での評価は高いです。

多くの青汁では、ケールを主成分としていますが、ケールはくせがあって苦味もあり、日本人の口には合わないようです。
ですが、極の青汁では、大麦若葉と明日葉が使われているために、ケールのものと比べると口当たりがマイルドで飲みやすいです。
青臭い青汁が苦手だって方にもおすすめですし、野菜が苦手な大人やお子さんでも飲みやすいものになっています。
大麦若葉と明日葉の2種類を使うことによって、栄養面でのバランスも良いです。

また、煎茶や抹茶を合わせて飲むことで、青汁っぽいくさみがほとんど感じなく飲めるようになります。
サントリーはウーロン茶やお茶も製造していますから、飲料ブランドとしての信頼度も高いです。
しっかりした飲料メーカーですから、製造過程で厳しいチェックが行われています。
なので、サントリーのものは安心して飲める!と口コミサイトでも評価が高いです。

飲みやすさ、安全面などを考えると、極の青汁は総合的に評価はとても高いと言っていいでしょう。

サントリー「極の青汁」

近年は、食の欧米化が進み、日本人の野菜の摂取量が減少してきています。
野菜にはさまざまな栄養素がふんだんに含まれているため、野菜は健康維持のために欠かせないものとなっています。
青汁を飲むことで効率よく野菜不足を補うことができます。

厚生労働省では、1日の野菜摂取量の目安を350グラムと発表しています。
これを生野菜に換算すると、小皿5皿分になります。
毎日、これだけの野菜を食べ続けることは難しいのではないでしょうか。
そのため、野菜不足解消のために青汁を活用する方がたくさんいます。

サントリーの「極の青汁」は数ある青汁の中でも人気商品となっています。
極の青汁は、ケルセチンに着目して開発されていることが最大の特徴となっています。
ケセルチンは、ポリフェノールの一種で、赤ワインに含まれる成分です。
ポリフェノールは、植物が自身を紫外線から守るために生成します。

ポリフェノールには4,000以上もの種類があります。
例えば、ウーロン茶ポリフェノール、緑茶のカテキン、リンゴやタマネギに含まれるケルセチン、ごまのゴマリグナン、赤ワインのアントシアニンなどがあります。

サントリーでは、さまざまな研究を重ねた結果、ケルセチンを明日葉や大麦若葉と混ぜることで、健康維持効果が高まることを突き止めました。
ケルセチンは体内に吸収しにくい成分であるため、サントリーでは、体内吸収を高めるために独自の製法を採用しています。
極の青汁では、独自の技術力を生かすことで、青汁の効果をさらに高めることに成功しました。