おすすめ

青汁の元祖と言えばケールを原料をした青汁です!

青汁の元祖と言えば・・・

青汁という名前を知らない人はいないほどの今では有名な健康食品、健康飲料となっております。今では誰でも飲みやすいように加工をしたり原料を変えたりしたことで今では非常においしく飲めるものになっておりますが元祖青汁と言えばやはり知る人ぞ知るまずい青汁でしょう。

その元祖と言われる青汁に使用されていたのがケールとなっており、もちろん今の青汁でもケールを原料とした青汁はたくさん種類がありますし、もちろん飲みやすくもなっております。

このケールは非常に栄養価が高いものになりますが実際の効果はどういうものがあるのかというと一つは肥満防止になります。今では中年男性といったりメタボというような言葉をよく聞くようになりましたがそういう方は何をして解消すればわからないという方も多いでしょう。

そういう場合はケールを原料とした青汁を飲むことで解消につながりやすくなります。またかなりの栄養素がはいっておりますので食生活が偏っている方でも青汁を飲むことでバランスが取れるようになります。そのくらいケールの栄養価は高いといわれておりますので実際に試して見る事をオススメします。

ただ、やはり飲み続けないといけないということでケールは多少のクセがありますので飲み続ける事ができないという方もいますがいろいろな種類の青汁がありますのでそれを見ながら飲みやすいものをさがしてみてはいかがでしょうか?

ケールの青汁ってどうなの?

青汁と言えばケールと言われるくらいに、ケールは定番の原料だと思いますが、実際に飲みやすさや効果はどうなんでしょうか?

まず、栄養面を見てみるとケールは野菜の王様と言われるように、他の原料のものと比べて評価は高いです。
ケールの主な原産地は南欧だそうです。キャベツの原種でアブラナ科に属している植物だそうです。
普通に八百屋さんやお偽にはほぼ売ってませんから、ケールの実物を見たことあるという方はほとんどいないと思われます。

実際に見てみると意外に大きくてびっくりするそうですよ。
野菜の中でも葉緑素が非常に多く含まれていますから、見るからに強い生命力を持った野菜っていう感じです。
キャベツも栄養素は豊富ですが、そのキャベツと比べても段違いの栄養素を含んでいるそうです。

そんなケールは栄養面で見るとすばらしいのですが、難があるとするとその味です。
ヨーロッパではロールキャベツ風にして食べられることもありますが、日本人には厳しい味です。
味にクセがあるため普通に料理として作っても、食べるのは困難なようです。

なので、日本ではケールは青汁として飲まれるようになりました。
ケールを使ったものには多くのメーカーのものがありますが、1つ人にオススメしたいケール青汁をあげるならば、「元気な青汁」をおすすめします。
こちらはケール100%の青汁ですが、そてもそうとは思えないくらいにくせがなくて飲みやすいです。
ケール特有のえぐみが若干ありますが、ほとんど気にならない程度なのでとてもおすすめです。

ケールの青汁にはどのような効果があるの?

青汁の定番と言うとケールの青汁ですが、どのような効果があるのでしょうか?

まずケールには豊富なビタミンが含まれています。そのために身体の免疫力を高めるという効果があります。
また、ビタミンの1つのビタミンAは、視力回復やドライアイを予防する効能があると言われています。
また健康なお肌をキープし、お肌をきれいにする働きもあるそうですから、女性にとっては嬉しい効能ですね。

ビタミンCは、ミカンと比べて2倍以上含まれているため、メラニン色素の生成を抑制しシミ・そばかすを防いでくれます。
また、ニキビを予防するといった、若者にとっては嬉しい効果もあります。

ビタミンEも豊富に含まれていて、細胞の老化予防に役立っていますし、また、女性の更年期障害の症状を抑える効果があります。
また、心臓の働きを良くしたり、血行を良くしたりする効果もあります。

また、葉緑素を豊富に含んでいるため、殺菌や消臭といった効能もありますし、美肌をキープするといった働きもあります。
最近は葉緑素にデトックスの効果があるのでは?と注目が集まっています。
デトックスの作用により、ダイエットへの効果に注目が集まっています。

食物繊維も非常に豊富で、腸内環境を整えてくれますから、便秘の改善や予防といった働きもあります。
また、血液をさらさらにしてくれる効果もあります。

以上、ケールの青汁の効果についてざっと説明しましたが、味が苦くて飲みやすくないものもあるかもしれません。
どうしても飲めない方は、錠剤のものもありますから、そちらをおすすめします。

ケールの青汁はとても不味かったけれども

青汁は昔はかなり不味い飲み物になってしまっていて、飲んで健康管理をしたいけれども味が無理で飲めないという方が非常に多かったんです。
なぜとても不味くなってしまっていたのかというと、それは主原料となっているケールが原因となっているんです。
このケールですが栄養が高くそして食物繊維も豊富になっているので、健康そして便通に良かったのですが、しかし味がかなり独特になっていて、臭みがありそして苦くなってしまっていたんです。
そうなると、ケールを使っている青汁は今でも不味くなっているのではと思ってしまうのですが、しかし今はかなり違ってきています。

このケールを原料としている青汁では、オリゴ糖などを加えてみたり、そしてはちみつ加えてみたりと工夫をして飲みやすくしてくれています。
そして今は臭みもそして苦味もとるようにしていますので、昔とは違いかなり飲みやすい状態になってくれているんです。
ただケールを使っている青汁全てが飲みやすく工夫をしてくれているのではなくて、今でもかなり飲みにくくなってしまっている青汁もあります。

もしケールを原料としている青汁を飲もうと考えているのでしたら、まずは口コミを見るようにして飲みやすくなっているのかどうかを調べるようにして、それから選ぶようにするのが一番です。
飲みにくくなってしまっている青汁になってしまいますと、もちろん味が苦手のなってしまい飲み続けられない状態になってしまいますので、しっかりと味で青汁を選ぶようにしましょう。