おすすめ

青汁の原料ケールのことを調べてみた

ケールってどういう植物の事をいうんですか?

青汁の原料としては代表と言ってもいいのがこのケールになります。ケールに関しましてはそもそもどこで取れるものなのかというと地中海で取れるものとなっております。キャベツに非常に近い植物となっており、海外で料理に使われることもある野菜の一つとなります。

日本で栽培されているのはほぼ全てが青汁の原料として出荷されるということを覚えておきましょう。今では青汁の原料は3種類になっておりますが元々の青汁の原料と言えばケールしかありませんでした。独特のクセがある事で日本人には好まれないことからまずいという代名詞の青汁となっておりましたが栄養価は非常に高く健康やその他の様々なところで効果を発揮する植物となっております。

今でも青汁の中でも栄養価は一番あるといわれている原料となっております。このケールを使用した青汁ですがもちろん昔に比べると飲みやすくなっているとはいえクセが非常に強いのでどうしても敬遠されがちなところが有ります。

しかし他のものと混ぜていたりしてかなり味が緩和されている商品もありますので栄養を一番摂りたいという場合はこのケールの青汁を飲んで見る事をオススメします。それぞれの原料でやはり特化した効果というものがありますがケールに関しましてはどの植物の中でもかなり高い栄養素がふくまれており、もちろん様々なところで効果を発揮します。まずはケールがどういう効果を発揮できるのかということを理解した上で一度飲んでみてはいかがでしょうか?

原材料ケールの風味は?

伝統のあるケールを原材料とした青汁を長く飲んでいる方の中には、送られてくる青汁に苦い時と甘い時があることに気が付く方もいるのではないでしょうか。このような青汁の風味の違いはなぜ起こるのでしょうか。これは、加工段階に問題があるわけではなく、原材料であるケールそのものの風味が変化しているために起きる現象です。。

ケールの風味の変化には2つの大きな要素があります。季節による変化、ケールの成長による変化です。
ケールが苗から成長して一番最初に収穫したものと、それから2~3ヵ月経て最後に収穫するものとでは味が異なるのです。これはケールに限らず、他の野菜や果物にも置き得る現象です。若いケールには苦味や青臭さがあります。収穫の終わりの頃には色素が薄くなります。味も淡白になります。ケールは四季の変化に適応して、様々に味を変化させるのです。

4月から12月は、ケールは盛んに成長します。この時、味は苦くなります。12月から3月は、ケールの成長は気温と日照の低下により、だんだん遅くなります。味の変化のポイントとなるのは気温です。10℃を上回るか下回るかがケールにとっての季節の変化を感じ取るポイントです。

10℃を下回る冬の間、ケールの味は甘くなります。実は、これがケール本来の味と考えられています。3月から4月は冬の寒さが和らぐのに伴い、ケールの花が芽ぶいて成長をはじめます。それに伴い味は甘味を徐々に失います。このように、ケールを原材料とした青汁は、一年を通して風味が三種類に変化します。新しく送られてきた青汁を飲んでみて、どの季節に収穫されたケールからできているのかを想像してみるのも楽しいですね。

ケールの青汁は体に良いの?

ケールの青汁って本当に良いの?
ケールはキャベツの原種で欧米等では、ロールキャベツとして一般的な料理に使われている野菜です。
ですが、日本では一般的な料理に使われることは少ないです。というのは、独特のくせのある味が嫌われているからです。
なので、ケールそのものを食するのではなく、青汁用に栽培され青汁の原料として使われています。

ケールの青汁は豊富な栄養素と繊維質で成り成っています。栄養素には、多くのビタミン類が含まれている非常に栄養価の高い緑黄色野菜と言えます。
なので、ケールの青汁で栄養を摂ることで、良品のアルカリ性の栄養素を体内に取り入れることができます。
また、ケールには野菜の中ではずばぬけてビタミンEが多く含まれていて、
また、カリウムも多く含まれています。カリウムはナトリウムの排泄に効果がある栄養素です。

よって、ケールの青汁を飲むことで栄養のバランスを整えることができますし、病気の予防にもつながることになります。
また、ナトリウムの排泄により、不整脈や心停止といった生活習慣病予防にも非常に効果があると言えます。

ただ、ケールの青汁は商品によっては、くせのある味が合わないと言う方もいらっしゃるかもしれません。
お口に合わない商品では続けて飲むことができないでしょうから、健康面での効果が期待できません。
そうならないためにも、試供品がある場合は、購入前に試してみることをおすすめします。

健康だからと考えて青汁を飲む

青汁を習慣化させるために、いろいろと工夫が必要でしょう。そうでないと結構飲み続けることは難しいですね。しかし、青汁は、健康を考えるとかなり良いものですから健康に良いと言い聞かせて飲み続けてください。

青汁は、健康に良い栄養素が沢山入っているので、飲み続けるのが良いでしょう。ただ、これを飲み続けるのは結構辛いですね。しかし、健康のために飲むようにしてください。まあ、健康のためだからと言って、まずい物を飲み続けるのは苦でしょう。それに、そのようなことをし続けるとストレスを貯めて、逆に不健康になってしまいます。

だからこそ、青汁の味を変えたり、料理などで青汁を変えてみると良いでしょう。ただ、このやり方には結構穴があります。一応美味しくすることも出来るのが良いのですが、その分だけ栄養素が無くなる場合がありますね。特に粉末状の青汁を使う場合は、結構栄養素が普通の青汁よりも少なくなっているので注意しないといけないでしょう。

だから、本当に健康のことを考えるなら結構摂取しないといけないので注意してください。それに、混ぜ方によっては栄養素を分解してしまう場合がありますので注意しましょう。

だから、場合によっては普通の青汁を飲み続ける方が良いのでよく考えて行動してください。
このように青汁を飲むことで、健康になることが出来るので、しっかりと青汁を摂取すると良いでしょう。特に生の青汁を飲むことで、かなり栄養を獲得することが出来るので、健康を思うなら飲むようにしてください。