おすすめ

ケールを粉末にした青汁の特徴は?

ケールの粉末青汁ってどうなの?

ケールの粉末青汁といえば、キューサイの粉末青汁のことです。

キューサイのCMはとても有名で「まずーい、もう1杯!」でお馴染みのものです。
キューサイは他の種類のものも沢山出されていますが、ケールを使った粉末青汁は定番なのでこれだけを飲んでいるという方も多いです。
たしかに味は他の青汁と比べてしまうとまずいですね。ただ、慣れてくると非常にクセになる味でもあります。

また、ちゃんと冷やして飲めばけっけこう美味しく飲めるという意見もあったり、元々のケールの味に抵抗がなければ美味しく飲めるという意見もあります。
栄養面を見ると、他のメーカーが作ったものと比べて多く入っていますし、飲む時にも「なんとなく健康になれそう」な味がします。
なので、とても飲みごたえがある商品だと言えるでしょう。

キューサイの商品にははちみつ青汁という商品がありますが、これは甘い味がするので子供にはおすすめの商品です。
ただ、青汁を長年飲んでいる人にとっては青汁らしさがあるのは、粉末青汁だって言いますね。

もっとも効果があるのは、野菜不足の補給です。また、お通じが良くなるという効果も多くの口コミで聞くことができます。
毎日飲んでいると朝に必ずお通じがあるので便秘にはならないし、メタボ対策にも効果があるという声も聞くことができます。

飲んでいる方は大人が多いですが、女性の方が人気があります。
女性の場合は、味よりも効果で選ぶ人が多く、多少まずくてもより健康に良いもの、より美容に良いものを選ぶのだと思います。

ケール青汁の特徴

ケールはアブラナ科の植物で、地中海沿岸が原産といわれているキャベツの原種で、欧米ではロールキャベツなどに利用されている野菜です。ケールを改良してキャベツやブロッコリーが作られました。ケールが初めて日本に入ってきたのは江戸時代のころです。ヨーロッパではサラダとして食べられる野菜ですが日本国内ではサラダなどで食べることはないですよね。

やはりその独特の味のせいか、ケールそのものを野菜として食べられることはないです。日本ではケールは青汁用に栽培されていますし、ほとんどが青汁として流通しています。ケールの青汁は粉末状になったものや、顆粒タイプなどです。

どんなケールの青じるをえらべばいいのでしょうか?無農薬・有機栽培などできるだけ栄養価が豊富なケールが使われている製品が良いですね。ケールの身が原料として使われている青汁は多少飲みにくい場合もあります。

ケール以外に大麦若葉,明日葉などが配合された青汁は、味がまろやかになっているので多少飲みやすくなっていますよ。ケールは多くのビタミン類も含む優れた緑黄色野菜です。生で食べることは難しいですが、青汁として飲むことで、多くの栄養素が摂取できますよ。

また、ケールの青汁は食物繊維はもちろんカロチン・カルシウム・鉄・リンなどのビタミン・ミネラル類も豊富に含んでいます。ケールの青汁を1杯飲めば現代の食生活に不足しがちな栄養素をしっかりと補充することが出来ますよ。食満つ繊維が豊富だから美容にも最適です。

日本人にとっては、ケールは馴染みがない野菜ではないでしょうか。
ケールを実際にスーパーで見かけることはないのですが、欧米では主流となっている野菜で、「緑黄色野菜の王様」ともいわれています。
ケールは、キャベツに似た形状の野菜で、葉が大きいという特徴があります。
そして、ミネラルやビタミン類をたっぷりと含んでいます。

ケールは食物繊維をたpp里含んでいるので、便秘解消効果が期待できます。
また、血糖値を正常化へと導く作用や高血圧の改善などが期待できます。

現代人は、また、パソコン作業が多いため、眼精疲労に悩まされている方も多いようです。
ケールには、目のビタミン「ルテイン」がたっぷりと含まれています。
このルテインは体内で合成できないため、ルテイン不足が原因で視力が落ちるとのことです。
ケール青汁を飲むことで、積極的にルテインを摂取すれば、目の健康を維持できるでしょう。
また、ルテインには緑内障の予防効果もあります。

それから、テレビの健康番組で、ドロドロ血液の弊害が特集されていました。ドロドロ血液は、血中のコレステロール値が高くなった時に起こりやすくなっています。
ドロドロ血液をそのままにすると、心筋梗塞や脳血栓などを発症する確率が高まります。できれば、ケール青汁を毎日飲見続けることで、血液をサラサラにしましょう。

ケールにはメラトニンが含まれているため、活性酸素を阻害したり、寝つきを良くする効果などが得られます。

ケールでアレンジレシピ

野菜の王様とも言われるケールは、青汁の原材料としても有名です。では、ケールには、どのような栄養成分が含まれているのでしょうか。
ケールは、アブラナ科の野菜で、ブロッコリーやキャベツの原種とも言われています。ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスが優れていますが、日常の食卓にのぼるには、青臭くクセがあります。
ケールが一躍有名になったのは、青汁として加工され始めてからのことです。

ケールを原材料として作られた青汁には、栄養成分は豊富でも味が青臭く飲みにくいという特徴があります。改善策としては、様々な工夫をこらしたレシピを活用することが有効です。

例えば、通常水で溶かすところを牛乳や豆乳で割って飲むことでまろやかになりますが、さらにはちみつや砂糖で甘味を加えたり、ヨーグルトを加えることもおすすめです。
また、市販のバニラアイスクリームに振り掛けたり、ホットケーキミックスに加えて焼けば、若草色のきれいなホットケーキが出来上がります。

他にも、バナナと牛乳と青汁粉末を一緒にミキサーにかけてバナナシェイクもおいしいですし、変わったところでは納豆に加えて食べてもおいしいです。
ぜひいろんなアレンジでケールの栄養成分をおいしく取り入れてみてくださいね。