おすすめ

青汁は苦いから甘いものと混ぜて飲んでみる

青汁にはちみつを入れて飲む

青汁に砂糖を入れて飲むと程よく甘みを出すことが出来て、青汁が飲みやすくなりますね。しかし、砂糖の場合ビタミンBが分解されてしまいます。そこで、はちみつを使ってみると良いでしょう。

はちみつは皆さん知っての通り甘い物ですね、これを入れることで、かなり青汁を甘くすることが出来るので、大体の人は飲むことが出来るようになるでしょう。だから、このはちみつを入れることはとても良いことですね。そして、上記で説明したように砂糖では出来なかったビタミンの補給をすることが出来るでしょう。

はちみつには、多くのビタミンを含んでいます。砂糖では分解してしまうビタミンBも例外なく補給することが出来るでしょう。だから、多くの栄養素を獲得することが出来るようになりますね。ただ、問題が一つあるでしょう。はちみつには、稀にボツリヌス菌と言うのがあり、それを乳児が飲んでしまうと乳児ボツリヌス症と言う病気になりますので注意してくださいね。故に乳児に飲ませないようにしてください。それ以外なら入れすぎて虫歯などに注意すれば良いでしょう。だから、糖分のとり過ぎに注意してください。適度な量を考えてはちみつを使いましょう。ちなみに、青汁を飲んでからはちみつを舐めると言う方法もありますので、よく考えて使用してください。

このようにはちみつを青汁に混ぜることで、かなり飲みやすい状態にすることが出来るでしょう。苦い青汁が苦手と言う人はやってみると良いかもしれませんね。

青汁に砂糖を入れて飲む

飲めない物を簡単に飲む方法で一番使われるのが砂糖でしょう。この砂糖を青汁に入れることで甘くすることができます。

コーヒーなどがそのまま飲めない人などは、よく砂糖を入れるでしょう。それで、コーヒーの苦味を抑えて飲むことができますね。それと同じ原理で青汁に砂糖を入れてみると良いでしょう。それで、青汁の苦味を抑えることが出来るかもしれません。ただ、問題として必ずしも苦味を抑えることが出来るとは限らない点ですね。苦い物に甘い物を入れるのは王道ですが、青汁の苦味は実際のところ完全に消えていないため、場合によっては砂糖を入れても効果を出さない場合があります。それに、青汁に入っているビタミンBには、糖分で分解されてしまいます。そうなるとビタミンBを補充することが出来ないので注意しましょう。故に、砂糖を多く入れすぎるとビタミンBが無くなるので注意してください。

上記のことを踏まえて砂糖を使うのも良いのですが、他の方法もありますのでよく考えて選ぶようにしてくださいね。特にビタミンを壊さずに飲む方法もありますので、よく考えて飲みましょう。ただ、砂糖と言うのはどの家庭でもあるものですから、一番ポピュラーな調味料ですね。故に使いやすいでしょう。

このように砂糖を使うことで、青汁を飲むことが出来るかもしれません。砂糖にもいろいろとありますので、それを踏まえて飲むと良いでしょう。それで青汁が飲めるようになれば健康的な体にすることが出来るので、よく考えて飲むようにしてください。

青汁をゼリーにして食べてみる

青汁を美味しく食べる方法として、ゼリーにして食べると言う物がありますので、やってみると良いかもしれません。
青汁は、苦いのでいろいろと工夫が必要でしょう。そして、その工夫の中にはゼリーにして食べるというのがあります。ただ、ゼリーにするだけだと、そこまで青汁の苦味は抑えることができません。工夫して食べやすくするようにしてくださいね。

例えば、リンゴやパイナップル、豆乳などを入れることで、結構食べやすい青汁ゼリーを作ることができます。他にも生クリームなどを使用して甘くするのも良いでしょう。だから、よく考えて青汁ゼリーを作るようにしてください。そして、食べましょう。

青汁ゼリーに、美感青汁と言うのがあります。これは青汁成分とコラーゲンなどを組み合わせたゼリーでしょう。このゼリーには、美容に必要な成分、コラーゲン、コエンザイムQ10、ブラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドが含まれています。そして、青汁の方にはクマササ、明日葉、大麦若葉、キクイモ、ガゴメ昆布が入っているので、結構栄養価が良く、美容にも良い状態になっているでしょう。だから、美感青汁ゼリーを求めると美容にとても良いですね。故に、これを混ぜて食べることで、相当良いことがありますので、よく考えて使ってみてくださいね。ちなみに、このゼリーは通販などで獲得することが出来るので、調べてみると良いでしょう。
このように青汁のゼリーがあります。ゼリーなので結構食べやすく、美味しく食べることが出来るので、試してみると良いでしょう。

青汁クッキーを作り食べる

青汁を食べ物にする際に、結構有効的なのがクッキーです。これを使うことで、かなり美味しく青汁を食べることが出来るでしょう。
クッキーは、形状にもよりますが基本的には一口で食べることが出来るおやつです。持ち運びなども便利で、保存もしっかりとすることが出来るでしょう。だから、このクッキーを使って青汁を摂取するのはとても良いことですね。クッキーの青汁は、基本的にクッキーを作っている過程で、青汁の粉末を入れるだけで完成することができます。結構簡単なので、料理が苦手な人でも出来るかもしれません。ただし、火や注意して料理をするようにしてください。

青汁をクッキーにすることで、苦味を甘みでカバーすることができます。だから、青汁の苦味を大分抑えることが出来るでしょう。また、クッキーにジャムなどを塗ることで、更に甘くすることができますね。お茶会やちょっとした休憩などに使うことが出来るので、よく考えて使用してください。ただ一つ注意としては、青汁のビタミンBですが、砂糖で分解される可能性があります。だから、クッキーに使われる砂糖でビタミンBが無くなる場合がありますので注意してください。その場合は、はちみつを付けて食べてみると良いかもしれません。そして、もう一つ注意としてはダイエットをしている場合は注意して食べるようにしてください。クッキーは結構カロリーがあります。だから、砂糖の分量を調整するようにしましょう。
このように青汁をクッキーにして食べることが出来るので、やってみると良いでしょう。