おすすめ

青汁を効率よく摂取するために工夫した料理を作ろう

青汁について

青汁というのは、綠葉野菜を絞った汁のことです。青と言うよりも濃い緑に近い色をしていますが、昔からの名残で青汁となっているでしょう。まあ、詳しく説明すると青菜の表現から青となっていますね。

この青汁は、健康商品として販売されてから随分と経つでしょう。それにCMで一大ブームになっているのもあり、結構多くの人が知るものとなりました。現在も青汁の生産はされており、日々改良をして良い青汁を作っています。最近は飲みやすいように工夫した青汁もあり、結構多くの人が飲むことが出来るでしょう。また、独自に改良する人もいますね。

この青汁がなぜ良いかというと、かなり高い栄養価を持っていることです。医療関係でも使えるほど良いものとなっているでしょう。飲むだけで栄養を補給することが出来るので、かなり便利ですね。

ただ、この青汁は栄養価が高い代わりに相当苦いというのがありました。上記でも説明したように、最近ではその改良もされているので問題なくなりましたが、当時はその苦さがある意味売りになっているような状態だったでしょう。良く罰ゲームなどに使用されることがあり、バラエティ的にはとても良いものなっています。ちなみに、最近でも似たような飲み物が出ていますし、青汁もまた使われることがあるでしょう。
このように青汁があります。栄養価が高いので、良いものですが苦さに注意して飲むようにしてください。飲み続けることで、かなり健康的な体にすることが出来るでしょうね。

青汁で何かを作るなら粉末状

青汁で何かを作ろうと思ったら粉末状の青汁を使うのが良いでしょう。粉末状ならいろいろと工夫することが出来るので、よく考えて使用してください。
青汁には、いろいろな形状があるでしょう。ペットボトルで入っている液体状や冷凍、カプセル、そして粉末状があります。

この中で、カプセル状はサプリメントなので調理することはほぼ不可能でしょう。だから、カプセルは省くとして他は、一応使うことができます。液体状は普通に液体同士で混ぜる時に楽に混ぜることが出来るでしょう。ただ、それは液体限定ですので、注意してください。そして、冷凍物は砕くことで一応使うことができますね。まあ、それをするくらいなら粉末状を使ったほうが便利ですがね。これらのことから粉末状の青汁を使用したほうが良いです。
粉末状は、ふりかけるだけでも結構効果を出すでしょう。そして、練り込むことで青汁の料理として使うことが出来るので粉末状が良いですね。他にも、やり方がありますのでよく考えて料理に使うようにしてください。

ただし、注意として粉末状は、結構本来の青汁の成分が抜けているので注意しましょう。その分苦味が抑えられているので、わざわざ苦味を無くす必要はないです。ただ、美味しく食べたいなら工夫をしておいた方が良いですがね。
このように青汁で料理をする場合は、粉末状の物を利用すると良いでしょう。粉末状の青汁は結構多くありますので、どの粉末の青汁を使用するかをよく考えて選ぶようにしてください。

青汁を料理に入れて味を分からなくしよう

昔うちの父が青汁を手作りしていました。小松菜や明日葉などを入れて手作りしていましたが、ジューサーで回したとたんに青臭いにおいが部屋中に充満します。そのうち、栄養が足りていないと大きくなれないぞなどと言われて、むりやり青汁を飲まされていた記憶があります。本当に飲むのが苦痛でした。最近の青汁はずいぶん改良が進んでいます。

それでもまだ苦手な人はいますよね。最近は市販されている青汁を普段のお料理に混ぜている人も多くいるようです。粉末になっている青汁は溶けやすく、お料理になじみやすい特徴があります。みんなあの手この手で上手にお料理に取り入れて摂取しているみたいですよ。インターネット上でも青汁を使ったさまざまなレシピが紹介されています。インターネットで「青汁、レシピ」と検索すると、たくさんの青汁アイデアレシピが出てきます!スープにサラダ、メインディッシュからデザートまで多種多様。その日の気分でいろいろなレシピを試せば、青汁ライフをより快適なものにすることができます。

子供などは青汁を飲むこと自体に拒否反応を示すことも。あの緑色が嫌だとうちの子もいいますね。お料理に混ぜれば子供には絶対わかりませんよ。青汁を上手に使って、子供の栄養バランスを考えていきましょう。ホットケーキミックスに青汁を混ぜるだけの、緑のホットケーキは朝食の定番メニューです。

青汁は野菜不足を補えるの?

人が1日に摂取すべき野菜の量は350g以上だと言われています。ですが、多くの現代人は摂取量が不足していると言われています。

また、350gとは言ってもただなんでもかんでも野菜を採ればいいというわけではありません。
できれば、ピーマンとか人参といった緑黄色野菜は必ず取っておきたいとことです。また、
キャベツやもやし等の淡色野菜を合わせながら、できるだけ多くの品目をバランスよく摂ることが大切です。
となってくると、現代人の場合は外食が多くなってきているので、外食でそれくらいの野菜を採ることは非常に難しいですし、
経済的にも厳しくなるといえるでしょう。私のような会社勤めのサラリーマンで一人暮らしの場合は特に、
野菜不足を解消するのはとても難しいです。

といった時に、その野菜不足を補う方法をして青汁を飲むと言う方法があります。

青汁はメーカーよって原料が違いますから、成分は異なります。
一般的なのは粉末タイプの青汁ですが、スティック2本分で1日に必要な半分くらいの野菜を補うことができるそうです。

男女問わずに現代人の若者の1日あたりの野菜の平均摂取量が350gの半分程度なので、
青汁を毎日スティック2本分摂取することで、野菜不足を補うことができるでしょう。

ただし、メーカーによって青汁に含まれている成分が異なりますから、
自分に合った成分が含まれているものを飲むことが大切です。
そのためには、自分の体調のこととそれぞれの成分について多少の勉強はしておいた方が良いでしょう。