おすすめ

青汁を飲むのは何で飲むのが良いのか?ジュース派・お茶派?

青汁と野菜ジュースはよくあう

健康のためには、野菜を積極的に摂取することが大切であるということを理解できても、それを実行するのは意外と難しいです。
一人暮らしをしている方、仕事が忙しい時などは、野菜を料理する時間がなかなか取れず、野菜を購入しても使いきれないことも多いのではないでしょうか。
そして、出来るだけ野菜を摂取しようとしても、おかずの種類も少なくなってしまうことが多いようです。

日頃から野菜を十分に摂取できていないと感じている方は、野菜ジュースや青汁を積極的に飲んでいるのではないでしょうか。
青汁も野菜ジュースも、野菜が原料になっていますし、飲むだけで栄養素を摂取することができます。

さて、野菜ジュースと青汁では、どちらが高い栄養価を持つのでしょうか。
実際に比べてみたところ、青汁の方が、栄養素がかなり豊富に含まれているようです。
ただし、β-カロテンに関しては、青汁よりも野菜ジュースの方が豊富でした。
また、野菜ジュースは、糖質が含まれていますし、カロリーも高めになっています。
もし、ダイエット中の方やメタボを気にしているのであれば、このようなことも考慮すると良いでしょう。
青汁は、糖質を全く含まず、ミネラルやビタミンがたっぷり含まれているため、健康維持目的の方には適した飲み物ではないかと思います。

それから、長期間飲み続けるのであれば、価格も重要ポイントとなります。
1杯あたりの価格を比べてみたところ、野菜ジュースも青汁も100円程度で飲めます。
青汁の場合、通販でまとめ買いをすれば、さらに安く買えるでしょう。

青汁は1日何回飲めばいいのだろう?と思ったことはないですか?青汁は毎日続けて飲むことで元気な体を作ることが出来ます。青汁には食物繊維が含まれているので便秘を解消する働きがあります。ビタミンやミネラルなどの栄養素もふんだんに含まれています。健康効果や美肌効果を感じるには継続して飲むことが大切。

では青汁はどの程度飲めば効果を実感することが出来るのでしょうか?青汁はいつ飲んでも大丈夫。私の場合は朝食の代わりにしているので、毎朝飲んでいます。お風呂上りや運動の後のどが渇きますが、水分補給として青汁を飲んでいる人もいるようです。リラックス効果のある成分が入っている青汁は夜に飲んだほうが良いとか。

結局、青汁は基本的にいつ飲んでも良いのです。青汁は医薬品ではないので、1日に飲む量や飲む回数、飲む時間などに決まりはありません。1日の量を1回で飲んでも良いし、数回に分けて飲んでも構わないのです。朝のお通じのために1杯、朝食時に1杯、ダイエットと美肌のために。さらに夕食前に1杯のんだり、空腹時の間食の代わりに1杯飲んだり、好きなように飲めばいいのです。大切なのは毎日継続して飲むこと。継続して飲むことで快調になす。毎日1回青いるを飲むだけでは効果を感じられないと言う時には回数増やせばいいですよ。青汁の回数を増やしたとしても体に悪い影響が出ることはありませんから。

青汁を抹茶と混ぜて飲む

美味しい青汁を探しているなら抹茶が入っているの青汁が良いですよ。青汁が飲みずらいと感じるのは「ケール」が主原料だからです。ケールが主原料のものは苦みが強いので青汁独得の苦さや青臭さをかんじてしまいます。青汁初体験の人には飲みにくいでしょう。

その点、抹茶風味の青汁はまろやかで飲みやすいです。牛乳と混ぜてもとても美味しく飲むことができます。抹茶オーレみたいで好きという人も多いですよ。通常の青汁の味が苦手と感じた場合は、抹茶風味の青汁を試してみてください。おいしく飲むことが出来ると思います。

では、抹茶入りの青汁はどんな特徴があるのでしょうか。昔からお茶は万病に効いて、 長生きができると言われてきました。茶葉を粉末にして飲む、茶葉ごと摂取できる抹茶は、葉っぱの栄養をそのまま取り入れることができるので、栄養素をそのまま取り入れることが出来ます。抹茶と青汁を混ぜることで、さらに栄養を期待することができるのです。

お茶と言えばカテキンという物質も有名ですよね。カテキンは血圧を抑える効果や、血糖値や血中コレステロールの値を調節してくれたり、老化を防ぐ作用、アレルギーを抑える作用などがあります。また最近ではがんの予防効果もあると解ってきました。主にビタミンE、ビタミンA、葉酸、ビタミンC、ビタミンB2などの豊富なビタミンも入っているので、万病に効くと言われれいた理由もわかりますね。通常の青汁より抹茶入り青汁は飲みやすい場合が多いので、是非お試しあれ。

青汁の飲み方について

青汁を飲むことで、沢山の栄養素を獲得することが出来るでしょう。しかし、青汁は苦いイメージが高く、毛嫌いする人も多くいるでしょう。そのような人は飲み方を工夫すれば良いのですね。

青汁は確かに苦いです。しかし、一度飲んでみればそこまで苦にならないでしょう。もちろん、全ての人がそのように思うわけではありませんので、苦いと思った人は嫌いになる人がしますね。そこで、工夫して飲むことをしてください。どのように工夫するかはその人によって異なりますが、工夫次第で簡単に青汁を飲むことが出来るでしょう。毎日一杯飲むことで、大分体に良いので工夫をして飲めるようにしてくださいね。

工夫のやり方は様々あります。例えば、青汁に何かを入れて飲む方法があるでしょう。混ぜる時に多少考える必要がありますが、場合によって青汁の独特な苦さを軽減させることができます。そして、場合によっては自分の好きな味で楽しむことが出来るのでとても良いでしょう。故に、混ぜてみると良いですね。他にも何かと一緒にして飲むという方法もあります。何かを食べている時についでに青汁を飲むことで、青汁の味を減らすことが出来るでしょう。ただし、そこまでして飲む必要があるかは各自で考えて行動してください。

このように青汁の飲み方を工夫することで、青汁を美味しく飲むことが出来るかもしれません。だから、よく考えて飲むようにしてくださいね。ちなみに、飲み方を間違えるとあまり青汁の独特感を抑えることが出来ないので注意しましょう。