おすすめ

青汁で血液をサラサラにする!血管年齢を下げましょう

青汁で血液をサラサラにする

血液がドロドロであると、血管壁が傷つきやすくなり、動脈硬化を起こしやすくなります。
動脈硬化が進行すると、高血圧になり、やがては心筋梗塞、脳溢血、脳梗塞など重篤な病気を発症する可能性もあります。
そうならないようにするためにも、血液はサラサラにしておいた方が良いのです。

ピラジンには血栓を予防する効果があるため、ピラジンを含む青汁を飲めば、血液をサラサラにすることができます。
血栓ができなくなれば、血液の循環も良くなり、血液もサラサラになるのです。
日本人の半分は、血液がドロドロであるとのことですので、血液をきれいにしたいのであれば、ピラジンが入っている青汁を飲むことをおすすめします。

ただ、血栓が存在することが、悪いことであるとは限らず、血栓にはきちんとした役目がありますが、長期間血栓ができたままになると、血液がスムーズに流れなくなります。
血管が破れてしまうと、血栓が止血し、血管を修復していきますが、その役割を終えると、自然に溶けていくのです。

しかし、溶けずにそのまま残ってしまうと、血栓が分厚くなっていき、血液の流れをせき止めるようになってしまいます。
この状態が続くと、高血圧症や脳梗塞になりやすくなります。

血栓を予防するには、ケール青汁が有効です。
ケール青汁には、イソチオシアネートが含まれていますが、この成分には血液サラサラ効果と血栓予防効果があります。
イソチオシアネートは、日常の食事から摂取することが難しいのですが、ケール青汁を飲めば、十分な量を摂取できます。

血液はサラサラしていますか?ドロドロの血液は病気を引き寄せてしまいますよ。サラサラ血液は血管の中をスムーズに流れる血液、ドロドロ血液は流れの悪い血液を指しています。血液がドロドロになるとどうなるか知っていますか?

ドロドロ血液では、様々な恐ろしい病気を引き起こすきっかけとなってしまいます。血液がドロドロの場合、動脈硬化の発症確立が高くなります。動脈硬化は他の成人病も引き起こします。高血圧にもなりやすいですし、症状が進行すると脳梗塞や脳溢血、心筋梗塞、狭心症など、を引き起こす原因となります。

青汁を飲めば血液がサラサラになるって知っていますか?野菜不足が解消するから血液をサラサラにできるんです。これは、青汁の主成分となるケールに含まれるピラジンと呼ばれる有効成分の働きのおかげです。

ピラジンとは、野菜独特の青臭さのもととなっている成。血管をふさいでしまう血栓の生成を抑制する効果があります。血液もサラサラになって非常に健康な体になるには青汁が有効なんです。

ピラジンはピーマンやきゅうりなどに含まれる成分ですが、これらを毎日大量に食べるのは困難です。特にピーマンを嫌いな人は多いですし。そこで、ピラジンが凝縮した青汁を毎日1杯飲むことが推奨されているのです。血液をサラサラにしたいなら、ケールを主原料にした青汁を飲みましょうね。手軽に摂取できる青汁で健康を維持しましょう。家族みんなで飲むことをおススメします。

中でも、こと『血液サラサラ効果』については、青汁の主成分となるケールに含まれる“ピラジン”が大きな役割を果たしてくれます。

ケールを使った青汁に多く含まれるピラジンには、「血栓をできにくくする効果」と「血行促進効果」という血液サラサラに欠かせない大事な効能があります。
ピラジンはピーマンやきゅうりなどに含まれる成分ですが、これらを毎日大量に食べるのは困難です。そこで、ピラジンが凝縮した青汁を毎日1杯飲むことが推奨されているのです
ドロドロ血液では、様々な恐ろしい病気を引き起こすきっかけとなってしまいますので、手軽に摂取できる青汁で、自分のために、家族のために、サラサラ血液を手にして行きましょう。

ケールを原材料とする青汁

90年代に初めて青汁が発売された頃、原材料に主流はケールでした。ケールは、地中海原産の作物です。一年を通して栽培できるため、収穫する時期によって味に違いが出るという特徴があります。
栄養素は大変豊富で、ビタミン、ミネラルのほか、酵素、フラボノイド、葉緑素などを含みます。また、カルシウム補給や、中高年に不足しがちなビタミンB1の補給もできます。
食物繊維も豊富ですので、腸内環境の改善効果も望めます。ケールは、身体に良い多くの栄養素がバランスよく含まれています。

また、ケールには、発ガン抑制に効果があるとされるイソチオシアネートと呼ばれる成分、睡眠のリズムを整えるメラトニンという成分、緑内障を予防する効果のあるルテインが含まれており、これらはケール特有の成分です。また、ケールには胃がん、直腸がん、肺がんの発症リスクを低減する効果も期待できます。

最近の青汁の原材料として多くなってきたのは大麦若葉です。大麦若葉はクセが無く飲みやすいのに対して、ケールは青臭さがあり、人によっては飲みやすく感じる方もいらっしゃるでしょう。その場合、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどに溶かして召し上がることで改善されます。
健康を実感したい方、ぜひ一度ケールの青汁をお試しください。