おすすめ

青汁をこれだけ飲んだほうが良いという魅力を説明

青汁の最大の魅力

手軽に摂れる健康食品として人気の青汁には、様々なものが販売されています。青汁を飲むことで身体にどのような効果があるのでしょうか。そもそも青汁とはどんなものでしょうか。

青汁とは緑黄色野菜を搾った汁のことです。代表的な原材料として有名なものはアブラナ科の野菜で栄養価が非常に高いケールです。他にも苦味や臭みがなく飲みやすい大麦若葉、古くから不老長寿の植物と言われてきた明日葉などが人気の成分です。

青汁の魅力は、現代人に不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含有している点です。サプリメントも同様の働きを持ちますが、特定の成分を抽出して凝縮するサプリメントとは違って、青汁は植物をそのまま使用していますので単独のビタミンの過剰症を招くことはなく、肝臓への負担もありません。

現代の日本人の二人に一人ががんにかかると言われますが、青汁にはがんの原因のひとつともなる活性酸素を除去する働きもあります。活性酸素は、食べ過ぎ、喫煙、動物性脂肪の摂取などによっても発生します。食事の欧米化に伴い無自覚のうちに野菜不足に陥りがちな私達現代人にとって、食事は腹八分目、適度な運動、野菜中心の食事を心がけることが生活習慣病を防ぐ理想の生活です。わかっていても実践するのは難しいという方でも、毎朝一杯の青汁なら、簡単にはじめられるのではないでしょうか。

野菜不足の方におすすめの青汁

青汁とは、野菜ジュースの仲間といっても間違いではありません。その原材料は、キャベツの仲間でブロッコリーの原種とも言われるケール、古くから日本人に愛されてきた大麦若葉、島野菜である明日葉などが使われています。

これらは全て、ビタミンやミネラル、カロテン、食物繊維など豊富な栄養素が特徴です。野菜としての青臭い風味を残した青汁は、ケールを使ったものが多くあります。後味もさわやかな飲みやすいものは、明日葉や大麦若葉を使っています。

日本人は食生活の欧米化に伴い野菜不足に陥る傾向にあります。一日に必要な野菜の量は、350gですが、これを野菜で摂取しようとするとほうれん草3株、にんじん2分の1本、もやし2分の1パック、トマト中2分の1個、キャベツの葉一枚となります。これを見て、少ないと考えるか多いと考えるかは個人差があると思いますが、これだけの量を摂取するのは難しいとお考えの方には、青汁がおすすめです。

メーカーによって栄養素の含有量はまちまちですが、青汁の粉末タイプのスティック一本3.5gを2本分摂取することで、一日に必要な栄養素の約半分を補うことができます。
野菜不足が気になる方は、毎朝一杯の青汁で、手軽に健康な生活をはじめてみませんか。

青汁に含まれるミネラル

青汁にはビタミン、ミネラルをはじめとした様々な栄養素が豊富に入っています。では、青汁に入っているビタミン、ミネラルには、どのような効果があるのでしょうか。

まず一つ目に期待できる効果は、免疫力の向上です。ビタミン、ミネラルには、ナチュラルキラー細胞という人体に悪影響を及ぼすもを撃退し、細胞の活性化に寄与する働きがあります。
ナチュラルキラー細胞は、それらが元気に働く事で、ガンの予防にも効果を発揮する細胞ですから、青汁のビタミン、ミネラルには、ガンを防ぐ働きがあるといえます。

二つ目は、お通じを良くする働きです。
食物繊維を豊富に含む青汁には、便を柔らかくし、腸の蠕動運動を活発にする働きがありますので、青汁には腸内環境を改善する働きも期待できます。
三つ目の効果は、血行の促進です。血液のつまりを防ぐ作用です。それにより、心筋梗塞、脳梗塞の予防になります。

このように、青汁は手軽で簡単に身体に良い栄養素を摂取できる万能健康食品です。味も発売当初と比較して改良され、飲みやすくおいしくなっています。野菜不足や、運動不足の方、健康を意識する方には、青汁を飲むことをおすすめします。

青汁に含まれるマグネシウム

青汁に興味をお持ちの皆さんは既にご存知の通り、青汁にはさまざまな種類の栄養素が豊富に含まれています。
原材料により含まれる栄養素はさまざまですが、一般的に多く含まれる栄養素としてビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、葉緑素、食物繊維、鉄分、マグネシウム、カリウムなどがあり、野菜不足の解消や栄養源として優秀です。

マグネシウムとビタミンCのように相性が良い成分があります。これは、単体では体内に吸収しづらい成分も、同時に摂取することで吸収しやすくする働きを生みます。
青汁による健康効果や効能もさまざまで、病気の改善だけでなく、体質の改善が見られたという声も多いようです。
自分にあった効果的な原料による青汁を選ぶためには知識が必要ですね。例えば、青汁の原材料として代表的なケールは、キャベツの原種といわれており、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。

ケールはビタミンCやビタミンAを多く含んでいるため、体内で免疫力を高めるのに有効な野菜です。青汁選びで栄養素を重視するならば、ケールを原材料とした青汁がおすすめです。ケールは癖のある野菜ですから、ケールだけでは飲みにくい場合は、果汁100パーセントのジュース牛乳、調整豆乳などを混ぜることで、独特の臭みが軽減し、味がまろやかになりますので、ぜひお試しください。