おすすめ

青汁を飲んで健康に長生きしていこう

健康に良い青汁

青汁が健康にいいことは皆さんご存知の事実ですが、一口に健康に言いと言っても幅広い意味が含まれます。具体的にはどのように健康に良いのでしょうか。
青汁には、複数の野菜の栄養素が入っています。βカロチンやビタミンA、食物繊維、ビタミンC、カルシウムなどです。各会社やメーカーによって手法や配合される原材料によって成分や特徴も違ってきます。

これらの成分は、体内の免疫力を上げる効果があります。免疫力は、健康にとってもっとも大切なものと言っても過言ではありません。免疫力が下がれば、若くて健康な方でも、病気にかかりやすくなってしまいます。

青汁を飲み続け、免疫力があがることで将来的に望める効果は、がん抑制、花粉症対策、アトピーの改善、高血圧予防、貧血改善など、実に幅広いものです。
また、おまけとして女性に嬉しい効果もたくさんあります。ビタミンが多く含まれているため、美肌効果が期待できます。また、明日葉に含まれるカルコンという粉末タイプラボノイドの一種である成分は、体のむくみを解消する働きもあります。また、利尿作用や血液の浄化の効果も期待できます。
こんなに健康に良い青汁ですから、ぜひとも毎日続けたいものです。

青汁は健康や美容のための飲んでいるという方が多いと思いますが、
青汁の成分のことやどんな効果があるのか?ということまでは知らない方もいらっしゃるみたいです。

ただ、青汁と簡単に言っても、作られている原料によっては成分が異なります。
なので、ここでは原料として使われている代表的なケール、大麦若葉、明日葉の3つについて紹介していきます。

まず最初がケールです。ケールの青汁にはどのような成分が入っているのでしょうか?
ケールで作られた青汁には、基本的な栄養素であるビタミン、ミネラルの他に食物繊維やカルシウム等が入っています。

ケールは、一般的に食べられている野菜よりも栄養価がとても高いです。
例えば、カロテンはトマトの5倍程度、ビタミンCはみかんの2倍以上含まれています。
また、野菜の中ではカルシウムが多く含まれているのも特徴です。その量は牛乳の2倍も含まれています。
また、がんを予防する効果があるイソチオシアネートや解毒酵素が作られるのを促進する
スルフォラファンといった成分も含まれています。

次に紹介するのが大麦若葉です。
大麦若葉の青汁はとにかく食物繊維が豊富なために、便秘解消に大いに効果があると言われています。
また、聞きなれない成分ですが、SOD酵素も含んでいます。
SOD酵素は活性酵素によって病気になるのを予防してくれたり、改善してくれたりする効果があります。
また、クロロフィルやグルコシルイソビテキシンといった成分も多く含んでいます。

次に紹介するのが明日葉です。
明日葉の青汁の成分としては、カリウムと食物繊維が多いです。
カリウムは女性にとっては嬉しい美容効果があります。
また、聞きなれない成分には、カルコンがあります。
こちらは老化を予防したり、アンチエイジングの効果があるため、こちらも女性には嬉しい成分ですね。

以上、主要な3つの原料についての青汁の成分について紹介しました。

活性酸素を除去する青汁

活性酸素という言葉をご存知ですか。活性酸素とは、細胞を酸化させる成分です。リンゴの切り口が茶色く変色するのは活性酸素があるためです。私たちの体の中にも活性酸素は発生します。老化、ガン、動脈硬化などの現象も、活性酸素を原因として引き起こされる場合があります。

ガンは、活性酸素の刺激を受けたガンの遺伝子が活性化されることによって発生します。
また、体内にある悪玉コレステロールが活性酸素の働きで酸化コレステロールへと変化します。それか血管の中に進入することで血管の壁が厚くなり、血流の悪化、血管の脆弱化などを招く結果、動脈硬化が引き起こされます。

活性酸素は紫外線や精神的ストレス、タバコ、大気汚染、添加物の多い食品を摂取することなどによっても発生しやすくなるようです。
では、青汁に含まれ、これらを無毒化する成分とはどのようなものでしょうか。それはビタミンEです。ケールや大麦若葉、しそ、ゴーヤなど、青汁の原材料には、活性酸素を無毒化する効果の高いこの成分が多く含まれているのです。
生活習慣病を避けるためにも、ぜひ毎日一杯の青汁をお試しください。

がんと青汁の関係

青汁はその栄養価の高さから、ガン予防にも効果が期待できることをご存知でしょうか。
ガンときくと、不治の病として恐れを抱く方が多いと思いますが、現在では医学の進歩により、ガンを完治させることができるようになっています。

そもそもがんにならない健康な体作りが大切です。野菜不足や運動不足は、健康にとって天敵ともいえます。適度な運動と健康な食生活に加えて青汁を飲むことをおすすめします。
青汁には、がんの原因ともなる活性酸素の抑制に効果的なビタミンが非常に豊富に含まれています。また、豊富な食物繊維により、発ガン性物質などを体外へ排出を促す効果も期待できます。

また、ガン予防には体の免疫力を高めることが大切ですが、青汁を摂取することにより、免疫細胞が活発になったという口コミもあります。他にも、常用的に青汁を飲用していた人の体内には、ガン細胞を殺すことの出来るキラーリンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞の働きが活発になったという声もあります。

ガンは、常日頃の生活の中で予防可能な病気です。生活習慣を改善させることにより、ガンの発症を抑えることができるのです。ぜひ、青汁でガン細胞に負けない体作りをめざしてみてはいかがでしょうか。