口コミ

やずやの青汁人気商品豆乳青汁だったり養生青汁だったり

やずやの青汁の特徴は?

やずやというと、香酢やにんにく卵黄などの有名な健康食品を販売している会社ですが、青汁はどうなんでしょうか?

やずやの養生青汁には色んな特徴がありますが、まず青汁が持っているくさみや癖が無いことが大きな特徴です。
味はほとんど抹茶の同じ味なので、子供でもすんなり飲むことができるでしょう。臭みなどは全くありません。

今は、やずやの青汁を毎日飲んでいますが、これを飲む前には自家製の青汁を飲んでいました。ですが、自家製の青汁の場合には非常にくさみがあるので、それと比べると驚くくらいに飲みやすいです。
スーパーやなどのお店で購入できる普通のお茶と同じくらいにおいしく飲めるものだと思います。

また、やずやの青汁の特徴としては、疲労回復に役立つ鉄分や老化を防いでくれたり、免疫を高めてくれるビタミンB2など、多くの栄養素がバランスよく配合されているという特徴があります。
私のようなサラリーマンはどうしても野菜不足になりやすいです。なので、沢山の野菜を食べればいいのですが、どうしても食べるものだけだとバランスよく食べるのは難しいのです。
栄養を採る時には、量も確かに大切ですがバランス良く採ることが大切なので、野菜不足をしっかりと解消するのはとても難しいのです。

1日に必要な野菜を採るのって、外食が中心のサラリーマンには難しく、
野菜だけで採ろうとすると、色んなメニューを頼む必要があって食費も掛かりすぎてしまうこともあります。
そうして意味では、やずやの青汁の場合は、毎日2本ずつ飲めばかなりの栄養を補給することができるので、手軽に野菜不足を補うことができるのです。

やずやの青汁は無料で試せる?

やずやの青汁は無料で試すことができるので最初にまずは無料お試しセットで試飲すると良いでしょう。

健康面が心配な方や美容のために健康食品などで食事の栄養を補給したいと考えている方は多いと思います。
そういう理由でで青汁を飲む人も多いのではないでしょうか?

やずやはCMでもよく目にすることが多いメーカーさんなので、多くの方に人気がありますし、健康食品の定番のメーカーになっていると思いますから、名前を知らない人あまりいないのではないでしょうか。

青汁は今では本当に多くのメーカーさんが、ケールだとか大麦若葉など様々な種類のものが販売しているので、どの青汁を選べば良いのか?わからなくて迷っている方も多いと思います。
どんな原料を使っているのか?自分に合っているか?飲みやすいのか?など最初にわかってから購入すると失敗も少ないです。

青汁って味も様々ですから、どんな味なのかわからないままに1か月分とか3か月分を購入するのは、選択に失敗があった場合にもったいないと思います。
そこで試してほしいのが、無料のサンプルです。

やずやの青汁では、1日分だけですが無料のサンプルをもらうことができます。
なので、味を試すことができるのです。
1日分の2袋をお試しセットとしてネット通販ページから申し込めば、無料で届けてもらうことができます。
ただし、無料サンプルの申込みは、家庭ごとに2種類まで1回限りという制限がありますのでご注意ください。

やずやの豆乳青汁をご紹介

やずやの豆乳青汁は、大麦若葉を主原料とする青汁に、豆乳を加えた青汁です。
北海道産の大豆「とよまさり」から作られた豆乳を配合しています。

また、豆乳青汁には、ホタテから抽出した貝カルシウムを配合しています。
豆乳青汁1杯で、230mgのカルシウムを補うことができます。
性別や年齢により、1日のカルシウムの推奨摂取量は異なりますが、豆乳青汁1杯で、1日に必要なカルシウムの3分の1程度を補えます。

豆乳青汁では、六条大麦若葉を使用しています。
六条大麦若葉にはビタミン類とミネラルが豊富に含まれているため、青汁を飲むことで、ミネラルやビタミン類をしっかり補えます。

やずやの豆乳青汁は、粉末状であるため、水に溶かすだけで飲むことができます。
青汁にはビタミンが豊富に含まれていますが、ビタミンの中には熱に弱いものもありますので、水かぬるま湯に溶かして飲んでください。

やずやでは、その他に養生青汁というものを販売しています。
養生青汁も大麦若葉原料の飲みやすい青汁ですが、豆乳青汁は、豆乳を加えることで、まろやかな風味の青汁となっています。
初めて青汁を飲む方は、この豆乳青汁の方が飲みやすいのではないかと思います。

また、豆乳青汁の風味を試してみたいという方向けに、「10日間のお試しセット」を用意しています。
このお試しセットは、10杯分で、2,400円となっています。
とりあえず試してみて、美味しく続けられると思ったら、まとめて注文することをお勧めします。

やずやの豆乳青汁は、養生青汁とならんで大変人気のある商品です。では、豆乳青汁とはどんなものでしょうか。
やずやの豆乳青汁は、北海道産の大豆「とよまさり」を使用した豆乳と、大分県産の六条大麦若葉を原材料としています。青汁の味がちょっと苦手だと言う方にも飲みやすいクリーミーな味わいです。六条大麦若葉のビタミン、ミネラルに大豆のたんぱく質が加わった上、さらにホタテ由来の貝カルシウムも加えられました。

豆乳青汁には、おすすめのおいしい飲み方があります。水60CCから80CCに豆乳青汁一本を入れ、よく混ぜるだけです。軽く混ぜるだけでさっととけるので、毎日簡単においしく飲むことができます。熱いお湯に溶かした場合、ビタミンなどの栄養素が失われる場合がありますので、できるだけ水かぬるま湯で飲みたいものです。

以上の通り、豆乳青汁は養生青汁と同じ大麦若葉を使用した青汁に豆乳粉末を加えることでまろやかな口当たりになり、おいしさと飲みやすさを追求した商品ですので、 青汁が苦手だとお考えの方に、入門編としておすすめです。レギュラーサイズとハーフサイズの二種類からお選びいただけます。

「やずや」と言えば養生青汁ですが、豆乳青汁というのもあります。豆乳の甘くクリーミーな味わいで飲みやすいのが特長のようです。豆乳の大豆は、北海道の「とよまさり」を使用しています。この「とよまさり」は甘みと香りが強いのが特徴です。六条大麦若葉にこの豆乳をプラしていますので、青汁が苦手と言う方にはいいのではないでしょうか。

六条大麦若葉のビタミンやミネラルなどの栄養素に、大豆のたんぱく質とホタテ由来の貝カルシウムをさらに加えることにより、高い栄養価となりました。青汁の製造だけでも大変な手間がかかるのに、大豆から豆乳を作る手間がプラスされるのですから、本当に貴重な青汁かもしれません。今まで青汁に牛乳などを混ぜて飲んでいた方には、ひと手間省けて手軽に飲むことが出来るのではないでしょうか。

青汁に豆乳をプラスしましたが、他のものではダメだったようでいろいろ試した結果豆乳になったようです。例えば野菜ジュースや果汁なども試したようですが、相性が良くなかったようです。豆乳はまろやかさと大豆の甘みがでて飲みやすいものになったようです。豆乳青汁にはカルシウムがプラスされていますので、1日に必要なカルシウムを豆乳青汁1本(6.6g)で33%が摂取できますので、カルシウムが必要な育ち盛りのお子さんにもいいかもしれません。豆乳青汁も無料サンプルがあるようですので、一度試してみるのはいかがでしょう。但し、無料サンプルは1日分だけのようです。