おすすめ

青汁を摂取しやすくするために1工夫を加えてみよう

青汁を使ったお菓子などのレシピを手に入れる

青汁を使用したお菓子や料理は、実は結構多くあるのです。そして、そのレシピは探せば見つけることが出来るので、探してみると良いでしょう。
青汁は、苦くて嫌いという人が結構いるでしょう。確かにその苦味に慣れてしまえば問題ないのですが、子供などは苦い飲み物を飲むことは、ほぼしないですね。だから、工夫する必要があります。そして、その工夫には食べ物にして美味しく食べると言う方法があるでしょう。

お菓子などに青汁を使用すれば、三時のおやつなどにも使用することができますので、とても良いでしょう。しかし、青汁を使ったお菓子など普通の料理本には載っていないので、オリジナルで作る必要がありますね。しかし、そのオリジナルレシピは調べることで多く見つけることが出来るので、それを使用してみると良いでしょう。

レシピは、インターネットなどを使用することで見つけることができます。分量や料理の仕方などがしっかりと記載されているので、結構わかりやすいでしょう。いろいろな料理が掲載されているので、飽きが来ないで食べることが出来るのでとても良いですね。特に甘く青汁を食べることが出来るので、子供もしっかりと栄養を摂取することができます。ちなみに、おやつ以外にもごはんとして使える青汁レシピがありますので、調べてみると良いでしょう。

このように青汁を使用した料理のレシピがありますので、調べてやってみると良いですね。上手く行けば、とても良い青汁生活をすることが出来るでしょう。

青汁餅について

青汁を使用した料理を使用する時に、餅と一緒に使うと良いかもしれません。餅は、結構いろいろなところで使うことが出来る物ですから、よく考えて使うようにしてください。
餅に青汁の粉末を入れることで、簡単に青汁餅として使うことができます。そして、この餅を他のところで使うことで、青汁を使用した料理となるでしょう。

例えば、おしるこの餅を青汁餅にするだけでも、結構美味しいおしるこにすることができますね。もちろん、青汁を使用しているので栄養素もしっかりとあります。他にもきなこなどを使って、きなこ青汁餅として食べることも出来るでしょう。このように餅を使う物に青汁餅を使えばとても効果的な料理にすることができますね。ただし、よく考えていないと青汁の成分を壊すことがありますので注意してください。故に、それを補うようにして何かを一緒に食べると良いかもしれません。

餅の使い方はいろいろとありますので、それをしっかりと調べてみると良いでしょう。餅料理によっては、ダイエットをすることが出来る物もありますので、しっかりと調べて青汁餅を使用すればかなり良い状態にすることができますので、よく考えて餅料理をしてくださいね。

このように青汁餅を使用した料理をすることが出来るでしょう。考え方次第では餅は、いろいろなことをすることが出来るので、よく考えて使用してください。ちなみに、餅に青汁を練り込む場合は、温めてからすることをオススメします。それで、しっかりと青汁を入れることが出来るでしょう。

青汁をごはんのお供として使う

青汁を毎日飲む場合に良いタイミングがごはんの時です。この時に青汁を一緒に飲むことで、習慣化することが出来るので、健康的な体を作ることが出来るでしょう。
基本的に毎日行動することの中に食事がありますね。その食事に青汁を一杯飲むだけでかなりその日が違ってくるので、飲んでみると良いでしょう。特に食事の場合、必ずすることなのでその時に一緒に青汁を飲むことで、忘れずに青汁を摂取することが出来るでしょう。だから、とても良いタイミングですね。

もちろん、食事に青汁を飲みたくないと言う人もいるでしょう。そのような場合は、他のタイミングでも良いです。ただ、食事時に飲むことで忘れずに摂取することができ、ごはんの栄養も一緒に吸収することが出来るので、かなりオススメでしょうね。

食事と一緒に飲むのが嫌だと言う人がいます。そのような場合は、食事に青汁を混ぜてみるのも良いでしょう。そうすれば、否応なしに青汁を摂取することができます。また、料理のやり方によっては、青汁の独特な苦味などを感じさせずに済ませることが出来るのでとても良いでしょう。ただし、それは工夫次第なので注意してください。普通に青汁を使う場合は、苦味が出てくることがありますので注意しましょう。故に工夫をして美味しくしてみると良いですね。

このように青汁をごはんと一緒に摂取することができます。よく考えて青汁を使うことで、習慣化をすることが出来て毎日体に良い状態にすることが出来るでしょうね。

青汁のおすすめデザート

近年の青汁は、発売当時よりも飲みやすく改良されていますので、水に溶かして飲むだけでももちろんおいしく召し上がっていただけますが、アレンジを加えることでさらに青汁をおいしく続けていただけることと思います。ここでは、青汁を使ったデザートのレシピを紹介します。

一つ目は、青汁あずきミルクです。用意するものは、粉末タイプの青汁7g、牛乳300ml、ゆであずきを大さじ2~3、氷を適量。作り方は簡単で、ぼうるにゆであずき、青汁、牛乳を加えてよく混ぜ、グラスに注いでお好みで氷を浮かべるだけで出来上がりです。お好みで白玉を加えれば、和風スイーツとしてちょっとしたおもてなし料理にもなりますね。
少し手の込んだもので、青汁のふんわりシフォンケーキもおすすめです。用意するものは、青汁7g、卵黄3個分、卵白3個分、水50ml、サラダオイル50ml、ベーキングパウダー小さじ2分の1、砂糖7gです。

作り方は、通常のシフォンケーキを作る手順で、薄力粉とベーキングパウダーを振るいにかける段階で青汁の粉末を加えるというものです。
ほかにもフルーツシェイクに青汁を混ぜてもおいしく召し上がっていただけます。白玉に混ぜてお汁粉にしてもきれいですし、青汁の抹茶風味があんこと良く合います。
デザート作りが得意な方は、ぜひ一度お試しください。

工夫をして青汁を楽しむようにする

青汁を毎日飲む場合、いつも同じではあまりにも飽きが早くきそうですね。飽きてしまうと、どうも一杯の青汁すら飲むのが嫌になるでしょう。そこで、工夫して青汁の味を変えてみると良いでしょう。

青汁は、毎日飲むにしては少々苦味があり、飲むのが辛いですね。人によっては苦痛でしか無い場合があるでしょう。そのような時に、やってみると良いのが工夫して青汁の味を変えてみる事です。青汁の味を変える場合は、青汁の他に何かを混ぜれば良いです。例えば、はちみつなどがありますね。それを混ぜれば大分甘くすることが出来るでしょう。それに、ビタミンの補給もすることができますね。だから、やってみると良いでしょう。他にも、フルーツジュースを居れば、自分の好きな味にしてみるのも良いです。だから、よく考えて飽きの来ない青汁を作りましょう。

青汁を飲み続けるのは、上記のようにすれば大分大丈夫ですね。しかし、飲み続けると飲むのが辛くなる場合があります。そのような特は、青汁を使用した食べ物を作ってみる良いですね。それで結構味覚などが変わっていきますので、飽きが来ないようにすることが出来るでしょう。だから、料理をしてみると良いですね。ちなみに、青汁用の料理のレシピは、探せば見つけることが出来るので、参考に探してみると良いでしょう。
このように青汁を工夫してやれば、結構長く青汁を摂取し続けることが出来るようになるでしょう。だから、よく考えて工夫をしてください。