おすすめ

緑茶と青汁にはどういう関係性があるんですか?

緑茶と青汁は近い飲み物

緑茶を飲んだ事がある人はほとんどだと思いますが青汁を飲んだ事が有ると言う方は全員という訳ではないでしょう。青汁というとどうしてもクセが有るイメージがありますので飲みたくないと言う方がいらっしゃいますがクセが有るにしても健康面や栄養素の量は非常に高い健康食品の一つとなっております。

では緑茶とどういう関係性があるのかという事ですが、今では緑茶に近い青汁が有るという事を知っておりますでしょうか。昔と違って原材料もいろいろな種類がありますし、また、味なども工夫されていてのみ安さを追及している青汁も有ります。そんな中で緑茶を混ぜた青汁と言う物がありますが一度飲んでみれば解ると思いますがほとんど緑茶となっております。

緑茶っぽくつくられている青汁の原材料

青汁独特のクセがない事から多くの方が愛飲しておりますがどうしてなのかというと、基本的にクセがない原材料というのはほとんどが大麦若葉が原料となっております。大麦若葉の青汁はクセがなく飲みやすく、緑茶と加えることでほとんど緑茶と言っても過言ではないような味をしております。これによって食卓に青汁が出るような家庭もあるくらいのものとなりました。正直にいってなんだかんだクセがあるんじゃないかと思う方もいらっしゃるとは思いますがそう思っている人は一度青汁を飲んでみるといいでしょう。初めて飲む方には非常に飲みやすい青汁となっておりますので是非飲んでみてはいかがでしょうか?合う合わないも有りますので無料サンプルなどで飲むことをオススメします。

青汁の原料大麦若葉の効果は?

青汁の材料として使われているものの中で、注目されている一つに大麦若葉があります。
大麦若葉の青汁を飲む効果は?というお話をしていきます。

大麦若葉というのは、野菜の正式な名前ではないそうで、大麦や小麦の若い時期のものの一部を刈り取った別名のことを言うそうです。
主な効果としては、高血圧やがん等の病気を予防してくれたり健康面をサポートしてくれる効果があると言われています。

大麦若葉がどうしてそのような効果があるのか?といいますと、まずはその栄養価の高さが1つの理由です。
ビタミンやミネラルなどの野菜にも多く含まれている基本的な栄養素や、
アミノ酸であるイソロイシン、または、食物繊維やSOD酵素といった通常の野菜だけでは摂取できない栄養素も含まれています。

現代社会の食事は、冷凍食品や加工食品を多く食べる家庭が増えていますので、このような栄養素を普通に採ることができなくなっています。
もっとも不足しやすいものが食物繊維だと言われています。食物繊維の人に対する効果としては、便秘の解消の効果が大きいです。
また、大麦若葉に含まれるアミノ酸を採ることで、イソロイシン等が成長ホルモンの分泌に効果があると言われています。

よって、大麦若葉の青汁を飲むことによって、がんや高血圧を予防したり、便秘を解消したり、美容に役立つといった効果が期待できます。
私も大麦若葉が含まれている青汁を飲んでいますが、血圧は安定するようになり、風邪は引きにくくなりました。恐らくこれらは青汁によるものだと思います。

実際に大麦若葉の青汁買って飲んでみよう

ここでは、大麦若葉が主に使われている青汁を買う場合にチェックすべきポイントについてお話していきます。

まず第一が飲みやすさです。
青汁は毎日飲まないと意味がないものですから、味が合わないものは長続きしません。
ですから、飲みやすいというか、自分の口に合っているか?という点をチェックした方が良いでしょう。
または、飲みやすい飲み方ができいるか?事前にチェックしておきましょう。
とは言っても、注意してほしいのが飲みやすくするために添加物等が入っているものです。
添加物が入ったものは、健康面でマイナスになる恐れがあるため止めておいた方が良いです。

次にチェックして欲しいのが国産原料かどうかです。
海外のものが使われている場合、大量な農薬を使って育成されている危険性があるため、
国内産で無農薬で化学肥料を使わずに育成された材料を使っているものを選ぶことをおすすめします。
かつては中国産のものが農薬を使い過ぎていて問題になったように、できるだけ国産の原料のものを選ぶと良いです。
大麦若葉の青汁を作っているメーカーは、ほとんどが国産原料を使っていますが、念のためチェックしておくべきです。

最後にチェックして欲しいのが、コストパフォーマンスです。
青汁は最低でも3ヶ月続けて飲み続けないと効果は期待できません。
なので、毎月いくらかのコストがかかりますから、できるだけ安くて効果的なものを選ぶべきです。
そのためには1日にかかる料金を計算して、他の大麦若葉の青汁と比較すると良いでしょう。