大麦若葉の成分

養生青汁ってどうなの?

やずや養生青汁はどんな青汁?

養生青汁はやずやというメーカーによって作られている青汁ですが、実際のところこれってどうなんでしょうか?
口コミサイトを色々とチェックしてみると、養生青汁は粉末タイプと粒タイプの2種類のものがあるため、どちらかを選べるということが評判が良くて人気が集まっているようです。
どちらのタイプでも、中に入っている原料は全く同じものですから、自分の好みに合ったものを選べるというのが最大のメリットなのでは?と思います。

また、やずやの養生青汁は原料として使われいているものが、大麦若葉なので、他のケール等を使ったものと比べると非常に飲みやすいというのが評判を良くしているようです。
実際に、私もやずやの養生青汁を毎日飲んでいますが、ほとんど抹茶と変わらない味なので、お水で割って飲むとお茶を飲んでいるのと変わりありません。
また、牛乳にもとても合いますから、牛乳に混ぜて飲めば牛乳の栄養も一緒に採れるので、栄養満点の飲み物になりますし、おすすめです。

なので、口コミサイトをみると、青汁が苦手で飲み物としては飲めなかったという人の場合、粒タイプを利用することによって、サプリメントの感覚で簡単に飲めるので、
そう言った方からも高い評価を得ているようです。

それともう1つは、やずやというブランドが安心できるという点です。
やずやは青汁以外にも、にんにく卵黄や香酢など、数多くの有名な健康食品を扱っていますし、
やずやの商品は品質が良いと評判が良いので、青汁も安心して飲めるという評価があるようです。

養生青汁は飲みやすい?!!

養生青汁は「やずや」の商品です。やずやといえば、香醋で有名ですよね。やずやの養生青汁は比較的飲みやすいと評判です。口コミを見ても「抹茶みたいで飲みやすい」「他のメーカーの青汁と比べて飲みやすかった」「おいしいからずっと続けていきたい」「ぐいぐい飲める」などの声が多くありました。なぜ養生青汁は飲みやすいのでしょうか?大麦が穂を出す前の「大麦若葉」が原料となっています。大麦若葉の青汁はケールが主原料の青汁と比べると飲みやすいです。ケールよりはクセが無いので比較的飲みやすいです。野菜独特の青臭さもほとんど感じられないので、初めて青汁を試す人でも飲みやすいと思いますよ。野菜が不足しがちな人のための飲みやすい青汁といえますね。養生青汁には粉末タイプのものと粒タイプの2種類があります。水や牛乳で簡単に飲むことができます。養生青汁には、大分県産の六条大麦若葉は、ビタミンB2・E、ミネラル、葉緑素がたっぷりと入っています。朝摘みしたものをその日に加工をするので、栄養素が逃げません。しっかりと粉末の中に栄養素が凝縮されているのです。やずやの養生青汁はこだわって製法されています。ですからほかの青汁と比べると多少価格面では高いと感じるかもしれません。ただし、栄養面や製法にはかなり気を使っているのが分かりますよ。注文すると資料が色々と届きますが内容が濃い。かなり信頼の置ける青汁だな~という印象を受けました。

養生青汁の主原料は??

やずやの養生青汁は、大麦若葉を主原料とする青汁です。
大麦若葉はもともと味にクセがないため、大麦若葉を原料に使用した「やずやの養生青汁」は飲みやすいと好評です。
やずやの養生青汁では、契約農家で栽培された、無農薬の大麦若葉を使用しています。
そして、朝摘みの新鮮な大麦若葉をその日のうちにすりつぶして青汁に仕上げています。

やずやの養生青汁には、粉末タイプと粒タイプがあります。
粉末タイプのものは、水や牛乳などで溶かすだけで飲めます。
粒タイプは、そのまま噛んで食べることもできるし、薬と同様に水で飲むこともできます。
粒タイプのものは、青汁がどうしても飲めないという方や外出先でも手軽に青汁の栄養素を摂りたいという方の間で人気が高くなっています。

やずやの養生青汁には、水溶性食物繊維、総クロロフィル、SODなどが含まれています。
食物繊維に栄養はありませんが、便秘解消や腸内の老廃物の排出など、腸内環境を改善する効果があります。

総クロロフィルには、腸内環境改善効果に加え、アンモニアの分解を促進する作用もありますので、体臭の予防効果も期待できます。

SODは、活性酸素を阻害する効果を持つ酵素です。
体内で活性酸素が増加すると、身体の様々な細胞が衰えてしまいます。
SODで活性酸素を抑制すれば、老化防止効果や美肌効果が得られるでしょう。

大麦若葉が原料となっているやずやの養生青汁は、抹茶風味で飲みやすいとの声がたくさん寄せられています。やずやの養生青汁を牛乳で割ると、抹茶ミルクを楽しめるとのことです。