おすすめ

明日葉 青汁を飲んだこと人?

明日葉(あしたば)って召し上がったことありますか?

明日葉(あしたば)って召し上がったことありますか?私はありません。なぜなら売っているのを見たことがないからです。もし、売っていたとしてもきっと見過ごしていたと思います。それだけ北の人間には馴染みのない野菜(植物)なんです。

明日葉は、せり科のシシウド属の植物で日本原産のもののようです。房総半島から紀伊半島と伊豆諸島に自生している植物だそうです。正直見た目は「草」としか見えませんが、これがすっごく栄養価の高い植物なんですよね。

成長すると1メートル前後くらいまでに育つようで実もつけるそうです。食用としては、葉と茎を食べるそうですがこれもケールと同じように独特のクセがあるそうです。やっぱり良薬口に苦しですね。しかし栄養分はケールより高いみたいで、食物繊維はケールの1.7倍、亜鉛、ビタミンは2倍もあるそうです。明日葉の栄養成分は、豊富なビタミン類、βカロテン、葉酸、食物繊維、パントテン酸、銅、鉄、亜鉛にポリフェノールなどが含まれています。

毎日の忙しい生活ではどうしても栄養が偏ったり不足したりします。そんな不足がちになる天然のビタミン・ミネラル・食物繊維を明日葉の青汁は豊富に含んでいるそうです。特に女性に必要な食物繊維や鉄分が豊富に含んでいるのは嬉しいですね。貧血気味の方などにはいいのではないでしょうか。女性は鉄分が不足している方おおいようで、よく貧血を起こす方がいますがそんな方におススメの青汁といえます。

明日葉の青汁に効果はあるの?

今回は明日葉の青汁に効果はあるの?というお話をしていきます。

青汁の原料としてよく知られているのが明日葉ですが、口コミを見ても、明日葉の青汁はとても人気があるようです。
口コミサイトで人気が高い野菜になってる理由の1つにはその効果の高さがあります。

明日葉の青汁を飲んだ時の効果としてよく取り上げられているのが

デトックス効果やむくみを解消してくれること
血液をサラサラにしてくれること
抗菌作用

などがありますが、あとは最近はアルツハイマーの予防にも効果があるなど聞いたことがあります。
それ以外にも健康面、美容面に役に立つ効果が沢山あるようですが、
私も最初は、青汁って毎日飲むだけで、本当に効能があるのか?と疑問に思っていました。
ですが、友人のすすめもあったので、実際に明日葉を主成分としている青汁を購入してしばらく飲んでみました。

明日葉を使った作られた青汁として「ふるさと青汁」を飲んでみたのですが、
3ヶ月間くらい続けて飲んだところ、効果があったと思います。

まずは血圧がもともと高かったのが、低くなったことや、風邪が引きにくくなったこと、
あとはなんとなくお肌のつやが出てきたように思います。
私は30代の男性なのでお肌はそれほど気にしていませんが、お肌の効果は女性にとっては嬉しいのではないでしょうか?
あとはやはり、病気になりにくくなったのが私には嬉しいですね。
仕事が忙しい時などはちょっと具合が悪い程度ではお休みできませんから、明日葉の青汁を続けて飲んだ効果があって良かったと思っています。

明日葉の効果っていうのはどういうものがあるんですか?

明日葉という植物を知っておりますでしょうか?今では青汁の原料としての方が有名となっておりますが、明日葉というのは非常に栄養の高い植物となります。一般的には青汁はケールとなっておりましたが、途中から明日葉も原料として出てきてからはケールより栄養価が高いとして非常に有名になりました。

ただ、良薬口に苦しというように栄養価が高いことから、明日葉はかなり飲みにくいこともあります。そこを理解した上でどういった効果があるのかということを覚えておいてもらいたいのです。

ケール、明日葉、大麦若葉という青汁の原料がありますが、その中でケールと大麦若葉はどちらかというと健康食品として言われております。明日葉については薬に近いものとして認められています。

それでどういった効果を期待することができるのかというと、病気の予防をする事が可能になります。糖尿病の予防、白内障の予防、また合併症の予防にもこの明日葉はいいとされております。もちろんこれが健康に作用するのですが、さらには食物繊維によって便秘の解消やダイエットにも効果的ということを覚えて起きましょう。

このように明日葉の効果というのは高い効果を幅広く期待することが可能となります。ただ、飲み続けなくては意味がないのですが明日葉にはクセが非常にあるといわれており、馴れない人には辛いと思います。今では料理に混ぜたりレシピの一つとなっているものもありますのでそういうアレンジを加えて食べ続けるといいでしょう。