おすすめ

いろいろ評判の大麦若葉 青汁を調べてみた

大麦若葉 青汁を栽培している場所

青汁の原材料であるケール、明日葉や大麦若葉などはほとんどが温かい地方で栽培されています。大麦若葉も九州地方で栽培されているのがほとんどではないでしょうか。麦は「畑の鏡」と言われているそうです。なぜなら畑の力が反映されやすい植物のようです。人はお日様に照らされてフカフカになったお布団で寝ると本当に幸せな気分になりますが、麦も同じでフカフカした栄養分がたくさん含まれた土の中で育つとすくすく育ちます。

そんな九州の良質の畑で育った麦から刈り取った若葉を青汁にしていると、どのメーカーさんもうたっています。当然、有機栽培による農薬を使用せずに作られた大麦ばかりを使用しています。最近は安全・安心がうるさく言われるようになり製造者も大変気を使って栽培していることと思います。

そんな手間隙かけた大麦若葉の青汁ですから、安いわけがありませんがとてつもなく高いというわけでもないようです。1包あたり約100円くらいから販売されているようです。あまり安いと人間って疑っちゃうんですよね。本当に効くのかしら?本当に無農薬なの?などと疑心暗鬼になってしまうんですね。

青汁はどの原材料を使っているものでも大体100円くらいから販売されているようです。ただ、青汁だけではなくそれにプラスされた製品の場合は100円以上になってしまうようですが。プラスと言うのは、例えば女性に人気のコラーゲンご年配の方に人気のグルコサミンなどがプラスされるとちょっと高くなるようです。

大麦若葉の青汁はかなり飲みやすい

昔の青汁はケールを使っているのが多かったのですが、このケールが臭みがありそして苦くなってしまっていたのでとにかく不味くなってしまっているというのが青汁の特徴になっていました。
今はケールを使用している青汁もあるのですが、大麦若葉を使っている青汁もあります。
ケールは苦い不味いが当たり前のようになっているのですが、この大麦若葉はどうなっているのがかこれから飲もうとしている方にとっては気になってしまいますね。
そこで大麦若葉は飲みやすくなってくれているのかどうかをここで紹介致します。

大麦若葉はケールと比べてみると、苦味がかなり少なくなってくれていますし、そして臭みもないのでかなり飲みやすくなっているんです。
飲みやすくなっているけれども、しっかりと栄養素そして食物繊維が含まれていますので、青汁としてはかなり良くなっているのではないでしょうか。
青汁のネックとなってしまっているのが味になっているので、味が良くなっている大麦若葉なら子供にも飲ませられますね。

大麦若葉を使用している青汁は最近多くなってきていますので、青汁も選べるようになってくれています。
そのメーカーによって主原料になっている大麦若葉には違いはないのですが、価格の面でかなり違ってきてしまっているので選ぶようにするのが良くなっています。
もしとても飲みやすい青汁にしたいと思っているのでしたら、この大麦若葉の青汁にするようにしてそして価格の面でメーカーを選ぶようにしましょう。

大麦青汁の特徴について

従来の青汁といえば、まずくて飲めないというイメージが持たれていましたが、大麦若葉が主原料の青汁は、栄養を豊富に含むうえ、飲みやすいため、ケールの次に人気が高くなっています。
味の面だけを比べると、ケールよりも大麦若葉の青汁の方が飲みやすくなっています。
大麦若葉は、大麦の成長段階をいいます。

大麦若葉は高い抗酸化作用を持っているため、アンチエイジング効果を期待する方や動脈硬化を予防したい方に大麦若葉の青汁をお勧めします。
大麦若葉には、カロチンやビタミンもたっぷりと含まれるため、肌のターンオーバーを促進し、シミやシワなどの肌トラブルも効率よく改善できます。

そして、大麦若葉は、さまざまな栄養素をたっぷりと含んでおり、ビタミンB1は牛乳の約30倍、食物繊維に関しては、精白米の10倍以上の含有量を誇っています。
また、ミネラルやビタミンの量もかなり多く、ホウレンソウと比べた場合、マグネシウムは約4倍、カルシウムに関しては約11倍、カリウムについては18倍、ビタミンB1は約6.5倍、ビタミンCは約33倍の含有量を誇っています。

大麦若葉には、新陳代謝を高める効果があるため、脂肪燃焼効果も得られるのではないでしょうか。特に、メタボが気になる方は、大麦若葉の青汁を飲むことをおすすめします。
たくさんの栄養素を摂取でき、美肌効果、ダイエット効果も得られるため、年齢や性別に関係なく、たくさんの方に大麦若葉の青汁を飲んでいただきたいです。